日本人のダイエット

タバタ式トレーニングをご紹介

タバタ式トレーニングというものを聞いたことはありますでしょうか。
何度かメディアにも取り上げられているので、ご存知の方も多いと思います。

タバタ式トレーニングの特徴は、短時間でできるトレーニングというところです。
なんと、たったの5分以内でダイエットの効果がある驚きの運動法なのです。
具体的には、筋力トレーニングや短距離走といった無酸素運動と、エアロバイクやジョギングなどの有酸素運動を、決められた秒数で交互に行います。
これを繰り返すことで、かなりの脂肪燃焼が期待できるそうです。

三日坊主にならない、つまり毎日行うことのできるトレーニングは、短時間でできることが必須条件ですよね。
タバタ式トレーニングならば5分あればできるので、忙しい毎日でも実行できるでしょう。

ダイエットに有効な運動とは

​無酸素運動は、代謝を改善して痩せやすい体をつくることができ、有酸素運動は脂肪燃焼を促します。
20秒間思い切り体を動かし、10秒休む。
これを8セットほど行う、合計5分未満の短時間のトレーニングがタバタ式トレーニングです。
20秒間の運動は、順番としては無酸素運動を始めに行い、次の20秒に有酸素運動を行うほうが効果的です。
このトレーニングを行うことで、たった4分で1時間の運動と同じ効果が得られるそうです。

ただ、想像がつくかと思いますが、5分未満とはいえけっこうハードなトレーニングです。
2、3セットでは効果がありません。
8セット以上行うことがダイエットに繋がります。
しかし休憩中に気持ちが悪くなったり、体に異変を感じたら決して無理をせず中断しましょう。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

Page
top