三日坊主は卒業!毎日続けられるダイエットトレーニング方法

毎日続けられるトレーニングの条件とは!?

無酸素運動と有酸素運動

みなさんはダイエットの経験はありますか?
女性、特に日本人女性ならば、たくさんの方があると回答するでしょう。
世界的に見ても日本人の痩せ型思考は強く、まったく太っていなくても自分は肥満傾向にあると思っている人がいろいろなダイエット法を試しています。
身長と体重の数値で割り出されるBMIは、肥満度を確認するのに便利ですが、非常に多くの日本人女性が、正常な数値であるにもかかわらず痩せようとしています。
その原因としては、テレビや雑誌に登場する女性たちが皆スリムであり、痩せていることが美しいという概念がメディアを通じて広まっているから、と言われていますね。
ヨーロッパのある国では、そんな痩せ型思考に歯止めをかけるため、痩せ過ぎモデルの起用を取りやめるなど、いろいろと動きがあるようです。

確かに過度な痩せ型思考は、拒食症などの病気に繋がりかねないので良くありませんが、太らないように自制して管理することは、将来の体型維持のためにも大事なことだと思います。
良く言われる話では、太っているということはつまり自己管理ができない、理性がない証拠であるとして、就職活動などで不利になる、なんてことがありますね。
少し太ったなと感じたらダイエットに励むという姿勢は素晴らしいです。
しかし、残念ながらダイエットは日記同様、三日坊主になってしまう代表ですね。
今回は、三日坊主にならないトレーニングをご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

おすすめリンク

広島でダイエットするなら?

ダイエットメニューが豊富なスポーツクラブやエステサロンをまとめました。広島在住の方におすすめ!

日本人のダイエット

ダイエットには、ジョギングなどの有酸素運動が効果的であることは周知の事実ですが、無酸素運動もうまく組み合わせることでより効果が増すそうです。 タバタ式トレーニングは、有酸素運動と無酸素運動を取り入れた運動で、なんと短時間で驚きの効果があるそうです。

好きなトレーニングを開拓

​いくら効果的であっても、ハードなトレーニングでは、トレーニング前に憂鬱になって結局三日坊主になってしまいます。 ハードではないけれど、効果の出るトレーニング。 これなら続けられそうですが、自分がやっていて楽しいトレーニングが一番理想的ですよね。

毎日の運動なら家でやろう!

毎日続けられるトレーニングの一番の条件は、家でできることではないでしょうか。 狭いスペースでできる運動は、意外とたくさんあります。 一回の運動量はジムや外で走り回ることに比べれば少ないかもしれませんが、継続は力なりです。 毎日コツコツやりましょう。

Page
top